• 文字サイズ

  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어

でんくう日記 Satellite

西脇市観光協会
多可町観光交流協会
兵庫で田舎暮らし
東条川疏水ネットワーク博物館

でんくう日記


100113 韓国忠清北道沃川郷愁30里アカデミー視察団受け入れ②

100113 韓国忠清北道沃川郷愁30里アカデミー視察団受け入れ②

視察団は多可町八千代区を2日にわたり視察。2日目はなごみの里山都(ブレーメンやまと)→エアレーベン八千代でそばうち体験と昼食→マイスター工房八千代→ガルテン八千代を視察見学後締めくくりに田空へ到着。NPO活動や
もっとみる
凍りついた二重ヶ滝

凍りついた二重ヶ滝

新聞に他地域の凍り付いた滝の写真が掲載されていた。早速地元笠形山の滝の様子も見たいと出かけた。普段なら人気のない山道だが、車や登山者の姿があり、どうも私と目的は同じよう。麓のネイチャーパークかさがたから登山口まで歩いて20分。ここまで車で来
もっとみる
100118 特産品部研修バスツアー報告

100118 特産品部研修バスツアー報告

行程:道の駅彩菜茶屋→御食事処たかくら→旧津山扇形機関車庫→山田養蜂場みつばち農園→道の駅久米の里朝霧の立ち込める中、特産品納入者、サテライト関係者、会員も加わり84名の参加者は2台のバスに分乗、出発
もっとみる
梅吉亭の肉てん焼き

梅吉亭の肉てん焼き

西脇市西脇の日替わりシェフレストラン「梅吉亭」  は、播州織が活況の時代、従業員や市民らの空腹を満たした名物・肉てん焼きの復活を試みている。三重県四日市市で開かれた第1回ワンディシェフ全国フェスティバルに参加し、商都を彩
もっとみる
玉木新雌の播州織スーツ

玉木新雌の播州織スーツ

 西脇市西脇に店舗を構える若手デザイナー玉木新雌さん(32)が、播州織を用いたオーダーメードスーツの制作を始めた。播州織はシャツ向けが大半で、スーツは珍しい。「上品な仕上がりで強度も増した」とできに自信を見せる玉木さん。現在、2着
もっとみる
2月 ショーケース展示「ハーブ&ログ スオミ」

2月 ショーケース展示「ハーブ&ログ スオミ」

 でんくう総合案内所 情報コーナーのショーケース展示は多可町中区安楽田のハーブ&ログ スオミ です。絹のスカーフはハーブ染めログハウスの写真の展示ハーブで作ったリースや押し花ブルーベリーでワインやジャムもできます「暮らしを手作りす
もっとみる
ニュースでんくう61号(2月)をUP

ニュースでんくう61号(2月)をUP

【ニュースでんくう61号】 ★ どこのサテライト?クイズ ★ を始めます。表紙の写真を良く見てください。すご~く寒そう! ここはどこかな?この時期には原料を川ざらしします。白皮を杉原川に一晩浸し、雪や冷たい水にさらして白くします。外気が冷た
もっとみる
100212サテライトセミナー 北はりまの自然環境を守る人々②

100212サテライトセミナー 北はりまの自然環境を守る人々②

 2月12日 サテライトセミナー 北はりまの自然環境を守る人々②がでんくう総合案内所体験学習室で行われた。33名の参加があり、地元たかTVも取材に来るなど、関心の高さを感じた。清水ホタル祭りの足立さん岩座神の棚田の安田さんネイチャーパーク
もっとみる
100214 バスツアー「紙すきと味噌作り」

100214 バスツアー「紙すきと味噌作り」

 晴天に恵まれ、多可町の北端には千ヶ峰の白い薄化粧が見える。参加者42名は2グループに分かれ、一方は味噌づくりを体験するため中区農村婦人の家へ。マスク&エプロン姿は地元人さながら。人肌程に冷ました大豆に米麹と塩を混てミンチ機にかける。味噌玉
もっとみる
キクイモ使ったアイデア商品人気 西脇・道の駅

キクイモ使ったアイデア商品人気 西脇・道の駅

   西脇市比延地区で特産化を目指して栽培が進む健康食品「キクイモ」を使った加工品が、西脇市寺内の道の駅北はりまエコミュージアムで人気を集めている。 続きを読む神戸新聞2010/02/17 東播磨版
もっとみる