• 文字サイズ

  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어

北はりまの春だより④

道の駅 杉原紙の里・多可の近くにミツマタの花が咲いていました。ジンチョウゲ科なので、ジンチョウゲに似た花を咲かせます。

DSC_0027.jpg DSC_0032.jpg

ここだけでなく林の裾や中に見かけることがあります。
多可町では楮で和紙を作っていますが、ミツマタも和紙の原料になります。また、枝分かれは3つに分かれ、これがミツマタの語源になっています。見かけられたら、沈丁花のような香り、3つの枝分かれなどを確かめてください。枝を折って持ち帰ろうと思っても、繊維がしっかりしている木なのでちぎれません。


< 北はりまの春だより③  |  4/10~7/24 アートの扉Ⅳ 「國久真有―絵画を生きる」展:岡之山美術館 >