• 文字サイズ

  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
西脇市観光協会
多可町観光交流協会
兵庫で田舎暮らし
東条川疏水ネットワーク博物館

130825 バスツアー「ひと足早いサツマイモ掘り」報告

雨が心配だったけど・・ DSCF8468.jpg

バスツアーひと足早いサツマイモ掘り体験と北はりまの自然の恵みを味わう旅 51名(明石発・三宮発のバス2台)

 前日から降り続いた雨のため、ひと足早いサツマイモ掘り体験は中止に。残念ながら畑の見学のみとなったが、近くの山からの谷水を利用し、豊かな自然の中で育てられたことに皆さん興味津々。掘る予定だったサツマイモは紅あずま。育てられた環境を知ることでより食べるのが楽しみになったのではないか。土産用に地元スタッフの掘った芋3kgを受け取りバスへ。


 一行は、代わりに追加された杉原紙研究所の見学。奈良時代から続く伝統の紙漉きは手間がかかるがシンプルな工程。隣接の寿岳文庫を見たり杉原和紙販所でんでんで買い物をする人も。


 昼食はラベンダーパーク多可の癒しの森弁当。地元産のコシヒカリと季節の野菜を使用した煮しめなど、こだわりの弁当と具だくさんのお味噌汁。準備をしてもらった地元婦人たちとの会話も楽しんだ。
 昼食後バスに乗り込み、ジェラテリア「ふれっしゅあぐり館」へ立ち寄り、バニラ・抹茶味などのカップアイスを受け取り、バスの中でしばしの食後のデザートタイム。


DSCF8576.jpg 雨もやみ、日がさす中、日本棚田百選のひとつ岩座神の棚田へ。岩座神の棚田は石垣に特徴があり、昔から続く人々の知恵や工夫によって守られてきた。稲穂が色づき始めた美しい田園風景の中を楽しみながら歩く。中には良い運動になった方もいたよう。
 

DSCF8579.jpg

 

最後は、平成の名水百選に選ばれている新松か井の水公園へ。弱アルカリ性の水で、遠方からも水汲みに来る方がいる人気のスポット。周辺を散策したり、水を飲んだりしツアーを締めくくった。サツマイモ掘り以外雨の影響はなく、思いの外順調に進み、参加者も満足し帰路についた。

チラシ 


< 130803・24 体験教室「夏休みの工...  |  8月どこのサテライトクイズの答えは梅花藻... >