• 文字サイズ

  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어

1/14~ 楽譜表紙 展:コヤノ美術館西脇館 

~人は表紙を見て歌を想像し 曲を聴いては情景に思いをはせる~

大正~昭和にかけての楽譜を展示しています。
西洋から様々な音楽や楽器が入り、庶民の間でも音楽を楽しむようになった時代。
もっと親しめるようにとその加速を促したのが、美しく・かわいらしく・デザイン性高く描かれた楽譜の表紙でした。
中身の音楽だけではなく、楽譜の表紙にまでこだわっている。
世界的に見ても非常に珍しい日本の楽譜の世界。表紙を見ると、その音楽を聴きたい歌ってみたい気持ちが高まります。

21gakuhu.jpg

コヤノ美術館 西脇館 (国登録有形文化財)


< 221120 【レポート】三宮発バスツア...  |  12月のイベント予定:多可の森健康ウォー... >