• 文字サイズ

  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
西脇市観光協会
多可町観光交流協会
東条川疏水ネットワーク博物館

170924 【レポート】日本一長い散歩道を歩こう「曼殊沙華と比延の歴史を訪ねて」

こみせん比也野に参加者 9 名とスタッフが集合し、入念にストレッチをして出発。天候に恵まれたなか、比延地区の解説を聞きながら町中を歩く。
こみせん比也野~上比延住吉神社 2.JPG       こみせん比也野~上比延住吉神社.JPG
「あれは・・・やな」と、道沿いに咲く花や地域の方々が育てている花 や作物、川に住む魚などに注目しながら歩みを進める。
収穫前の黄金色に輝く稲穂の広がる風景を横目に「のどかやな~」と思 わず声が出る。
歩みを進めると通り沿いに咲く曼殊沙華に「綺麗やな」と言いながら上比延住吉神社に向かう。
上比延住吉神社.JPG
上比延住吉神社は希少な二間社流作りの本殿で、到着するとでんくう案 内人(長谷川)のガイドで神社の歴史や地域の方々との関係などの案内を 聞き再び町中を進み日本へそ公園へ向かう。
日本へそ公園に到着するとお昼休憩、思い思いの場所で昼食をとる。休 憩後は、岡之山公園へ向かう。
岡之山公園~水車のある庭園 (1).JPG     岡之山公園~水車のある庭園.JPG
岡之山公園からは比延地区の景色が見え、午前中に歩いた場所はあの道 ですよと聞き皆さんこれだけ歩いて来たと実感する。水車のある庭園では 涼しげに回る水車を見ながらひと休み。
蝉の鳴き声を聞きながら再び比延地区のまちなかを進む。途中で楽市・ 楽座跡で立ち止まり説明を聞き、再び歩みを進め比延住吉神社へ向かう。
比延住吉神社 (5).JPG     比延住吉神社.JPG
比延住吉神社で、でんくう案内人(長谷川)による案内で神社について の説明や境内のある能舞台についての話などを聞きながら一休みし、こみ
せん比也野まで歩き散歩道を終えた。


チラシ


< 170923 【レポート】バスツアー...  |  10月 ショーケース展示:多可町健康ウォ... >